人生らくありゃ苦もあるさー

2017-05-17

本日PET検査日でした。
先週の地獄の傷がまだ癒えていないような微妙な感じの一週間。
背中の真ん中あたりが重かったり大腸検査の時に袈裟懸けに痛みが走ったのですがその延長でなんか肩から腸にかけていたいような痛くないような。
月曜日の夜は久しぶりに寝る前に微妙に気持ちが悪い感覚に襲われて9時くらいから眠ってしまったり・・。

多分数値が悪いだろうなあ、いや絶対悪い。
大腸検査のせいで

と思いながらPETへ。
PETは検査費用が高いからか患者さんも少なくて待ち時間がほとんどないです。
まあ安静にする時間(1時間)を待ち時間といえばそうなんですけど。

9時に病院へ行って11時に検査終了。
院内のコンビニで弁当物色。
大腸の時は午後からの検査なので朝昼抜きで極限状態なのですがPETは午前中に終わるのでまだ余裕があります。

ゆっくりお腹を満たした後で診察。

診察室で

「どお?」

と聞かれた私は
悪化してる前提で
先週の大腸検査をしてから調子が悪いの、悪いのよおお。
と訴えます。


「そうかー、困ったねえ…。
数値は全然大丈夫なんだけどね

あれっ。

「え・・・、そ、そうなんですか・・・・」
「うん。前ちょっと悪くなってたけどさ、それも全然大丈夫。全部正常値。入ってきた時なんか顔が黒く見えたから黄疸出てるのか心配したけど全然出てないよ。日焼けした?」

え・・・。
心当たりはないんですけども…。
黄疸出てるかと見まごうほどに黒く見えたんか…。
ちょっとショック・・・。

PETのほうも前回同様若干の集積は見られるけども許容範囲内ということでつつがなく終了。

次回は2か月後。
軽やかな足取りで病院を後にした私は帰りに寄ったドラックストアで美白クリームを探しましたとさ。

AST    26
ALT    22
LD    154
ALP    207
γーGTR   35
スポンサーサイト

全私が泣いた日

2017-05-10

お久しぶりです。
新学年が始まり上の子と下の子で役員が当選し役員掛け持ちで忙しい日々を過ごす中、本日久しぶりの通院日でした。

それも

大腸内視鏡検査

二年に一度やってくる悪夢の検査。
でもなんだかんだ言ってももう4回くらいやってます。
嫌々ながらも午前中に家で下剤を飲んで準備完了。

2時からの予約でしたが1時には検査室に来院くださいとのことで12時50分にいったら受付が13時半からだった。


なんで?
受付13時半からなら13時半来院でいいやんけ!!

若干イラッときながらもおとなしくヒルナンデスを見ながら呼ばれるのを待ちます。

予約時間が2時からなのでもうすでに一時間待ちは決定してましたから、待合室に置いてあった3年前の雑誌を見たりテレビを見たりしているうちに2時過ぎ。

呼ばれねえ。

朝食抜きで腹減りここに極まっている私はイライラしてきます。
年のせいなのか最近待つことができなくなってきた…。
待合室でいつまで待たせるんじゃああと騒ぎわめくお爺さんの仲間入りかもしれない・・・。

2時45分になっても呼ばれる気配がなくて院内のコンビニへ。
勿論検査前なので食べられないけど終わったら食べるものを下見しにいく卑しい私。

コンビニから戻ると廊下まで受け付けの人が迎えに来てくれてました。
どうやらすぐに呼ばれた模様・・・。

すぐに検査着に着替えて検査室へ。

若い医者の卵のような人がうろうろしてるな・・・。
今まで主治医にしてもらっていたので今回もそれと信じて疑わなかった私。

「じゃあはじめますねー」

 ん?
 なんか声が違うような・・・。

 背中を向けて顔が見えないのでよくわからない。

 ずぼ。
 ぐりぐり。

 うう・・・。

 まず触診をしながら局所麻酔されます。

「じゃあカメラはいりますねー」
「痛かったら言ってねー」

 え痛かったらなんかしてくれるのかなー。
 おしりに何か入れられるいやな感じ。
 少しずつ何かがはいってます。
 
 あれ
 今日は痛みが少ないなあ。
 よかったー。
 もしかしてすごいうまい先生に当たったのかなー。 
 安心したその時。

 ぎゃああああああああああああああああああああ
 いてええええええええええええええええええええええええええええええええええええええ

 思わす漏れる呻き。

 ごりごりごりごり

「いたあ・・・たいよぉ・・・・」

 私これでも自分では我慢強い方だと思ってて痛いとかあんまり人にはいわずひっそり我慢するタイプです。
 痛いといったら先生が気を悪くしてもっと痛くされるかもと思ってるせいもあって、痛いというのも遠慮していってます。
 でもさっきいた痛かったら言ってくださいねって言ってたし・・。

 ・・・・なにもしてくれねえ

 いたあああうあああああぎゃあああ
 いてええええ
 いてええよおお

 悶絶の苦しみ。
 
 その後しばらくは少し痛い状態が続いてからの・・・

 最大級の痛み!

「うああああああ、い、いたあああ、あああ・・・」

 ものすごい痛い。
 痛いといってるのに構わず作業する先生。
 鬼だ。
 看護婦さんがあまりの痛がりようにほかの先生と変わりますかと聞いてるのに無視してる。

 泣いた。
 この年になってまじで泣いた。
 嗚咽しながら泣いた。
 恥ずかしいとかよりも痛くて痛くてそれどころじゃない。

 一番奥まで来たからあとは抜きながら検査するねと聞いたときまた泣いた。
 嬉しくて。

 あとは抜け殻のように丸まっていた。

 終わっていつもの先生に呼ばれて診察室へ。
 わたしが泣きはらした目でいたのでものすごい気を使ってくれてるのが分かる。

「大腸はきれいです」

 ・・・・しってるよおおおおおおおおおおお

 私は何ともない大腸のためにあの地獄を見させられたのか。
 ほんともう、ほんとすいません勘弁してください。
 
 検査の後看護婦さんに言われたのですが、私の腸が人よりも伸びやすいらしくてそれで痛みがつよいそうですが。。。
 ほんとだろうか。
 かえってググってみたら痛みが強い人の特徴に
 高齢の人(腸が緩んでるから)みたいなことが書いてあった。
 
 わたしは小さいころからよくお腹を壊してて腸が弱かったので中年にしてもうだるんだるんなのかもしれない。
 二年後に迫る大腸内視鏡検査に今から恐怖する私・・・。


  
  
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR