スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

胆石?

2014-07-07

2014年4月に入ってから、夕食後みぞおちに強い痛みがおこることが二回ありました。

食事をしてから2~3時間後にまず強い肩こりと背中の違和感が起こったかと思ったらみぞおちをきゅうっと締め付けるような痛み。

立っていられないほど苦しいけど、横になっても治らない。荒い息を繰り返しているうちにふっと30分くらいで痛みが遠のき、あれはなんだったの?というくらい。


食事のたびにちょっとドキドキするようになったのですが、2回ほどで痛みはなくなりました。

が、その痛みがあった翌日、尿の色がかなり濃い。ちょっと心配になるほど。そして便の色も、なんとなーく、薄いような。

ちょっと心配になった私でしたが、目の色が黄色くなったら病院に行こうと思っているうちに正常に戻って行きました。


胆石だと思い込んでいたので、いざとなったら胆のう摘出すればいいやなどとかなり舐めてかかってました。


で、潰瘍性大腸炎の定期診断の時、その話をしたら、主治医が念のためCT撮りましょうと言われ、よく分からないまま翌週CTを取ることに。


で、CTを撮る前日か前々日夕食を作っているとなんかフワフワしているなあと思っていたら食事を終えて椅子に座った途端めまいがして起きていられなくなりました。というか寝てても目がぐるぐるしてどうしようもない。

吐きそうになるくらい気持ち悪くなったので先に就寝したら翌日には治まってました。


CTをとるときにその話をして、念のため耳鼻咽喉科で眩暈を見てもらうことに。で。CTのときに一緒に頭部も撮って下さいとお願いしました。


飛び込みで診てもらった耳鼻咽喉科でものすごく待たされて、結果は良性発作性頭位めまい症の軽いものでしょうと言われました。


その日の会計は13000円で、鼻が出そうになりました。胆石だと特定疾患使えないんですよと主治医に言われていたのですがまさかの一万円超え。気軽に頭のCT撮ってくれといった自分を呪いましたね。


結果を聞きに行ったら、胆管がすごく濃く見えて、ちょっと気になるので念のため、MRIも撮りましょうと言った主治医にかなり渋りました。そもそも胆管というものがよく分からなかったし、CTよりMRIの方が高いと噂に聞いていたわたしは、その時何の症状もなかったので、金をケチったのです。


が、押しに弱いので、断り切れずにMRIを受けることに。医療費のことを考えながら受けたMRI.。

わたしは風邪をひいてもほとんど病院には行かず、健康診断も受けたことがなかったのですべてが初めての経験でした。





スポンサーサイト

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。