スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アジフライの悲劇

2014-07-08

7月1日にERCPを受けることになっていた、それは4日前の6月27日の出来事でした。

自分で三枚におろしたアジフライがその日の夕食のおかず。あとは多分きんぴらごぼうとサラダときゅうりの漬物と御味噌汁だったような。


お店で売っているハート形のアジフライではなく、その半分の形のアジ。とはいえそれを調子に乗ったわたしは4枚も食べました。


もともと大食いのわたし。若いころはどれだけ食べても太らなかったのに、子供を産んで年をとるとそれなりに…。潰瘍性大腸炎のおかげで少し痩せたけど、前も書きましたが2013年の秋に、一気に5キロも増えました。


そしてわたしはマヨネーズが大好き。


アジフライにソースとたっぷりマヨネーズを掛けて。


実は過去に腹痛が起こった時もマヨネーズをたっぷりかけたお好み焼きや焼きそばなんかを食べた後に痛くなっていたのですが、痛くなるときとならない時があってマヨネーズはやめられなかったのです。


ヒロイン脱却をしつつあったわたしは10日ぶりくらいに普通にご飯を食べました。


そして…。


10時くらいになんかお腹が痛いような。

一人でひっそりと二階で痛みに耐えようと思っていたのに子供達までついてきました。

翌日学校が休みなので遅くまで起きていた長男が心配そうに声を掛けてきますがそれどころじゃありません。

「いーから先に寝て」

と言って、寝させました。

30分くらいで収まるだろうと思っていたので、一人くらい部屋で耐えているとちょっと痛みが治まってきました。

11時くらいに旦那もやってきて、一人誰もいない部屋にいるわたしに寝室で寝るように声を掛けてきたのですが、まだちょっと痛かったので、

「いーから先に寝て」

とさっきと同じことを言い、蹲っていました。


愛する妻が痛みを堪えているこの状況で、きっと旦那は心配で眠れないだろうな、と思いましたが、10分もしないうちにいびきが聞こえてきました。


この時点ではまだ痛いけど、我慢できないこともないのかなあ?程度の痛みでしたから、みんな寝静まって寂しくなった私もみんなが寝てる寝室で寝ようと思い、横になりました。



眠れない



鈍い痛みが絶え間なく続き、全然眠れない。階下に降りて一人で痛みを堪えているうちに午前二時。まったく痛みが治まりそうにもなく、幸せそうに寝ている旦那を起こしました。


「ねえ、なんか痛くて眠れないんだけど」

「え?まだ痛いの?寝てないの?」

「痛いから寝れない」

「え?そんなに痛いの?救急行こう」

「え…、でも救急って…、そこまで痛くないかも」


 救急病院というのは死にそうに痛い人だけが行くようなところだと思っていたので、ちょっとビビります。この程度の痛みで救急へ行ってもいいものなのか?救急どころかあんまり病院へ行ったことのないわたしには判断がつきません。

 

 この程度といっても眠れないくらい痛いのですが。

 でも一体いつまでこの痛みが続くのかという恐怖から救急に行くことに。

 救急は子供たちが赤ちゃんのころは喘息発作でよくお世話になっていましたが、まさか自分が行くことになろうとは。


 救急の先生は優しそうな若い先生で胆石の痛みならエコーで分かるからと、エコーをとってくれました。石はないようだね、とブスコパンをお尻に注射され、念のために錠剤ももらいました。朝になっても痛みが引かなかったら今かかっている病院に行った方がいいですと言われて帰宅。


 痛みでちょっとヒロインモードになっていたわたしに、旦那が一緒に寝てくれました。



 眠れない



 え?なんで?お尻に注射までしてもらったのに全然痛みが引きません。もしかしてまだ薬が効いてないのかもしれない。と思いながら朝の5時になり、これは一体どうしたものかと訳が分からなくなりました。救急の看護婦さんには痛みが引かなかったらまた来てくださいと優しい言葉をもらいましたが、ブスコパンが全く効かないわたしに何が残されているのか?


 旦那も寝てるし、また起こすのは悪いので、通院していた大学病院に電話することにしました。冷たくあしらわれるかと思っていましたが、意外にも当直の肝臓の先生が出てくれて、症状を聞いてくれ、このまま痛みが治まらないなら一回来て下さい、でも多分そのまま入院になりますとの言葉。

 熱が38度以上になったらすぐに来て下さいと言われて、そこまで熱はなかったのと、入院したくなかったのでまたしばらく様子を見ることに。


 その後、朝6時くらいにすこーしだけ痛みが遠くなってきたようで、うとうと出来、9時くらいにはまったく痛みがなくなり、ようやく心の平穏を取り戻せました。


スポンサーサイト

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。